一般的に上図のような順序と期間で治療を行います。以下に症例を例に詳しく説明します。

1)問診、X線診査口腔内診断

緊急処置、歯周病診査、カリエスチェック、咬合診査などを行います。

口腔内写真とX線写真の記録をとります。所々歯が抜けて、歯周病が進行しており、また前歯の間も隙間があいてきています。

 

2)カウンセリングとインプラント術前診査

残存歯の治療を行った後に、インプラント手術前の診査を行います。X線(場合によりCT)撮影を行い、もう一度インプラントについての説明をさせていただき、同意を得ます(インフォームドコンセント)。全身疾患があれば、内科に対診をとる場合もあります。

 

3)埋入手術(一次手術)

通常約1時間程度の手術で、局所麻酔で行います。インプラントは清潔な状態で行うため、御顔の上に清潔な布をかけて手術を行います。術後に確認の為、X線撮影を行います。手術前後の結果をモニターにて説明いたします。術後の腫れやお痛みはケースによりますが、通常2~5日程度で収まります。手術後は約1~2週で抜糸を行います。

 

4)最終補綴物(上部構造)の装着

手術後、治癒期間(インプラントと骨が結合するまでの時間)を約3ヶ月待ってから最終的な歯(最終補綴物)を作製していきます。

材質はセラミックや金合金などで作製します。セラミックは見た目は美しいですが、欠ける危険性があります。金属は見かけは悪いですが、機能的で丈夫です。材質や歯の色は利点及び欠点を考慮しながら、歯科医師と技工士が患者様とご相談の上、一緒に決定します。

 

5)メンテナンス

インプラントは、虫歯になることはありませんが、手入れが悪いと歯周病になる可能性があります。そのため、患者様の歯ブラシによるホームケアと約3~6ヶ月に1度の歯科医院でのチェックとクリーニングが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。